とつかアートプロジェクト
Totsuka Art Project
活動・イベント 規約 会員 出前アート相談 お問い合わせ リンク集
home

活動報告

2015/1/24
第2回趣味活終了

2014/1/20
趣味活閉幕

2014/1/20
まちカフェ in 戸塚

2013/12/01
お結び広場

2012/11/03
区民まつり出店

2012/08/10
支援カード

2012/08/03
夏休みおやこ体験

2011/11/30
とつか青空画廊


2011/08/01
まちの先生見本市

2011/05/20
童謡を唄う会

2011/05/06
まちの先生見本市
出演者募集中!

2011/04/02
東北関東大震災チャリティーコンサート

2011/03/17
童謡を唄う会

2011/03/17
雨情ツアー中止

2010/12/23
野口雨情ツアー

2010/12/18
クリスマス会

2010/8/8
夏休み親子体験

2010/3/28
とつかアート
フェスティバル
 
 
 
 
 
 

 

 

 

 



先生自身がプレゼンする、顔の見える発表・展示された先生27名、
“場”の提供者9団体16名、TAPのスタッフ13名、
合わせて56名が来場者約400名をお迎えし、
盛大のうち終了致しました。
ありがとうございました。皆様に感謝申し上げます。
■発表・展示プレゼン参加者一覧




展示コーナーでは、展示している先生と話しを聞きながらの、顔の見える作品展が好評でした。作品の開設から創作の楽しさ、教室の案内など、まさに趣味活そのものでした。

ステージでは、戸塚中心で活躍されている音楽や演芸の先生によるプレゼンテーションをはじめ、石田知恵子(シナプスソロジーインストラクター)によるセミナー「趣味と脳活」。歌って踊って切り紙芸の三遊亭絵馬ショー。ゲストのよる和琴やシャンソンなど飽きない企画に来場者は満足げでした。


情報コーナーでは、地元の公的施設、とつか区民活動センターはじめ、踊場、上矢部などの地区センター6ヵ所の情報をはじめ、最近設立された、コミュニティカフェのみなさまが来場者との情報交流をはかりました。



ティパーティーコーナーでは、無料のコーヒー、お茶でスタッフがおもてなし。
お茶菓子は、地元の授産施設・ホームしもごう製のクッキーやマドレーヌを販売。ていねいに作られた味にみなさん満足されていました。



■もっと写真を見たい方は
http://www.totsuka-navi.jp/event/syumikatu_no2.html
協力☆とつかナビ

■発表・展示プレゼン参加者一覧

▲top

2014年第1回







戸塚中心でアートな趣味の、学ぶ場をさがしている人、教える場をさがしている人、場を提供する人、
そんな人たちが自由参加のティーパーティーで交流できる“場”をTAPがご用意します。
特に地元の情報に接触していなかった東京や横浜中央で頑張ってきた、退職者の方にに地元のリアルな
情報を提供します。

▲top




▲top



   平成24年11月3日(土):東戸塚小学校校庭(雨天決行)10:00〜14:00

戸塚区主催:第36回戸塚ふれあい区民まつりにTAPが出店します。
テーマ「絆やふれあいのある活気あふれる地域交流」に賛同し出店・イベントを計画しました。
・福島県授産事業振興会施設・楢葉町ふたばの里との恊働企画として
 若者や子供に人気の缶バッチをふたばの里のスタッフが来訪して実演販売します。
 絵柄は、昨年「とつか青空画廊」のために制作した、上矢部高校美術陶芸コースの
 生徒によるものです。原画8種類からのお好きな絵柄を会場で直径44mmの缶バッチに仕上げます。
 収益金はふたばの里への支援金として寄付されます。

 

・福島県授産事業施設振興会の他の作業施設で作られた菓子や手芸品を販売します。
 この収益金もすべて施設の支援金になります。
・県立上矢部高校陶芸部の陶芸作品の販売会「陶器市」を学生主導で開催します。
 いずれの作品もプロ並みのできばえです。収益金はやはり、福島県授産振興会へ
 寄付されます。
・TAPと上矢部高校美術陶芸コースとの恊働企画「がんばろ日本支援カード」をプレゼント!
・お子様や親子で楽しめる「射的」! いろいろ景品を用意してお待ちしています。
・TAP会員との交流会も予定しています。
皆さまのご来場をお待ちしています!
  


▲top

TAP東日本復興支援プロジェクトの一環の企画「がんばろう日本支援カード」
「がんばろう日本・支援カード」は、地元企業に1枚50円、1口1000枚でスポンサーになってもらい、復興エールをテーマにしたイラストをポストカードに作成。スポンサーからの協力費の中から1枚につき5円(合計5,000enn 000円)が東日本復興支援へ寄付されます。

カードの原画は、神奈川県県立上矢部高等学校・美術陶芸コースの生徒のオリジナル作品を採用。作品は元々平成23年12月から展示されている、戸塚新庁舎建築中の工事仮囲いを活用した「がんばろう日本・TAP美化プロジェクト・とつか青空画廊」のために制作された原画です。

現場には、原画をデジタル拡大プリントされた7点が展示されています。実際には41点制作され、市民投票で7点に絞られました。その際に、素敵な作品がいっぱいあるのに、もったいないとの声を多くいただき、本企画の動機にもなりました。
今回カードに使用されるのは、卒業生の作品をのぞく39点。スポンサーが原画を選択し(株)ビーシーズとTAPが恊働制作します。

◆支援カード1枚につき5円の寄付金。
支援カードは1枚につき5円×1000枚で5,000円を義援金として寄付します。
寄付先は、福島県授産事業振興会。http://f-jusan.jp/handicraf.html
当振興会は、福島復興のなかきびしい環境で事業展開しています。あたたかい支援を必要としています。

◆スポンサーを募っています。(平成24年10月現在4種類制作)
募集の案内【PDF】

▲top


平成24年8月3日、戸塚地区センターにてTAP主催による「チャリティー・夏休みおやこ体験フェスティバル」を開催しました。A会場では、手品でオープニング、続いて童謡、大道芸、フラダンスや子ども向け詩吟の先生によるパフォーマンス体験。B会場では、ちぎり絵やアクセサリー作りなど6名の先生による体験講座。いづれも多数の参加者がトライし盛況のうちに終了しました。
おかげさまで、ご来場者のご好意による寄付金が18,200円集まりました。
寄付金は、福島県授産事業振興会へお送りさせていただきました。みなさまのご協力に御礼申し上げます。
【プログラム】
★手芸・工芸
 和紙ちぎり絵:飯室日出子 パンフラワー:前川真理 竹と木のブローチ:鈴木久雄
 IDカードケース:四條春江 折り紙:芹沢洋子 スクラップブッキング:北代順子
★パフォーマンス
 マジック:ヂルシーまこと 童謡:清水ゆう 大道芸:伊藤直輝
 フラダンス:吉澤厚子 詩吟:清水國淙
★作品展示
 クロステッチ刺繍:竹澤清子 文化刺繍:矢貝代恩子 書道:荒井明潮 書道:鈴木正子




平成24年7月14日、戸塚宿ふれあいイベント委員会主催「八坂神社例祭併催“スマイル東北とつか祭り」のイベント会場に、TAPから1ブース出店しました。会員有志の作品を持ち寄って展示即売という初めての試みでした。イベント委員会のテントを借りるなど、開催者みなさまのご協力を得てなんとか格好がついて開店しました。収益を会の運営費に充てよう!と、なんとかの皮算用の目論みもやはりいまいちでした。
でも、従来の展示会と違った出会いや、いままで売ることなど考えてもいなかった自分の作品を販売することで、いろいろ経験した一日だったようです。この体験をふまえて会の事業として育てていきたいものと感じました。
また、イベント・ステージには会員の吉澤厚子さんがフラダンス出演しました。快晴にめぐまれたステージで、さすがフラダンスは映えました。拍手喝采でした。
・出品者
 和紙ちぎり絵:飯室日出子 折り紙:芹沢洋子 クロステッチ刺繍:竹澤清子 書道:鈴木正子
 パンフラワー:前川真理 写真:亀谷進
・サポーター(出店準備や売り子など運営に協力いただいたTAP会員)
 吉村英輔 中村美恵子 小林晃子 荒井明潮 芹川英敏 大木理紗

▲top

 



市民活動任意団体とつかアートプロジェクトは、平成23年春より戸塚区新庁舎建設工事において工事現場を囲む仮設壁面に対し、デザインアートを制作・施工し、戸塚区民および戸塚区を訪れる皆様へ活力のあるメッセージを贈るプロジェクトを立ち上げ、準備を進めてきました。プロジェクト名、戸塚区新総合庁舎工事仮囲いアートプロジェクト、愛称を「とつか青空画廊」とし、平成23年12月22日に関係者のご支援とご協力を得て完成しました。
期間限定の青空画廊ですが、平成24年11月(工事の進捗に合わせて終了)までの約1年展示されます。
ぜひ、戸塚駅や商店街へお越しの際はご高覧ください。


【原画展・式典・完成】
【プロジェクトの詳細】

▲top



まちの先生見本市 9月3日横浜フォーラムで開催!
【御礼】ありがとうございました。皆様のご支援のおかげで盛況のうち終了いたしました。



【概要】
“アート系まちの先生”と“学びたい人”“これから教えたい人”が出会う場です。
戸塚を中心に、絵画や書道・手工芸、音楽や舞踊・演芸などで活動している生涯学習ナビゲーター(アート系まちの先生)が集まります。
区内の教室やサークル情報コーナーも設けています。自分のスキルを生かして教えたい方には「教室やサークル作り」の情報や相談も受けられます。
本イベントは、戸塚区とつか夢結び応援事業補助金交付を受けての催事です。


◆日 時:平成23年9月3日(土) 午前10時〜午後4時(ホールは12:00開場)
◆会 場:フォーラム(男女共同参画センター横浜)


◆ 3つのイベント 
 2Fセミナールーム (10:00〜16:00)
 (1)TAP会員による生涯学習案内と実演・展示・体験講座 ●プログラム詳細PDF
    クロステッチ刺繍、トピアリー、ちぎり絵、書道、折り紙、中国結び、水彩画、パンフラワー、油彩画
 (2)生涯学習情報コーナー(区内の地区センターが一堂に会します)
    とつか区民活動センター 戸塚地区センター 大正地区センター 東戸塚地区センター
    上矢部地区センター 舞岡地区センター 踊場地区センター


 ホール (開演12:25〜16:00 開場12:00) ※随時入場可
 (3)音楽・舞踊・演芸の先生・サークル演奏 ●プログラム詳細PDF
    フルート、ボーカル、手話ダンス、シャンソン、新舞踊、大正琴、フラダンス、詩吟、
    クラシックコンサート、抒情歌


◆入場無料(事前申込み不要)
 ※ セミナールームの体験講座は、材料実費を頂く場合があります。


【主催】
 とつかアートプロジェクト
【後援】 
 戸塚区役所
【協力】
 くみんネットワークとつか、とつか区民活動支援協会・みんなのまちづくりクラブ・
 エフエム戸塚・タウンニュース社
【会場】
 フォーラム(男女共同参画センター横浜)JR・地下鉄戸塚駅下車徒歩5分 Tel.045-862-5050
 http://www.women.city.yokohama.jp/find-from-c/c-yokohama/
【お問い合せ先】
 とつかアートプロジェクト広報担当 亀谷進 045-869-1808 susumu@ga2.so-net.ne.jp
【PRチラシ:ダウンロード】
 ●B4判チラシ表面PDF
 ●B4判チラシ裏面PDF


▲top

会員企画 5月20日(金)「童謡を唄う会」sy

懐かしい童謡〜抒情歌を歌って脳をトレーニング!!
TAP会員:柴田美嘉主催の「みんなで童謡〜抒情歌を唄おう!」みなさまのご参加をお待ちしています。

■日時:平成23年5月20日(金) 2回:10:00〜 13:00〜 
■会場:戸塚公会堂
■各回:500円(事前お申し込み不要)
■歌・解説:女声デュエット・アン ピアノ:天野正子
■抒情歌プログラム 高原列車、翼をください この道 牧場の朝……他
 曲の解説・歌唱指導付き

■お問合せ先:童謡を唄う会 柴田美嘉【プロフィール:PDF】 
 Tel. 090-2531-5699 utaukai19@yahoo.co.jp

☆本会主催の4月被災地応援チャリティーコンサートでは、
 義援金205,645円がエフエム戸塚に届けられました。
 定例会では引き続き被災地応援義援金箱を設置しています。【詳細】
☆次回は6月10日(金)戸塚公会堂を予定しています。

▲top

今秋9月3日(土)「まちの先生見本市」開催決定!出演者募集中

TAP主催で“アート系のまちの先生”と“生涯学習受講希望者の市民”が出会う「まちの先生見本市」を横浜フォーラムで開催!
・日時:平成23年9月3日(土) 10:00〜15:00
・会場:横浜フォーラムホール(男女共同参画センター横浜)
 JR・横浜市営地下鉄戸塚駅下車 徒歩5分
 Tel. 045-862-5050
 http://www.women.city.yokohama.jp/

出演者募集中
 戸塚を中心に「音楽・芸能・演芸」で教室またはサークル活動している
 “まちの先生”自薦・他薦問わず参加できます。
 参加費:1グループ ¥3,000
 お申し込み・お問い合せ先
 TAP「まちの先生見本市」実行委員会幹事:中村美恵子
  mieko.72.naka@ezweb.ne.jp
 締切:平成23年7月11日(月)

▲top

会員企画 東日本大震災被災地応援チャリティーコンサート終了

会員・柴田美嘉さん主催

平成23年4月15日(金)開演14:00 開場13:30
入場料:1,500円(当日券のみ/お申し込み不要)
出演
 女声デュエット・アン/ 天野正子(ピアノ) タンゴ四重奏団「キサス・タンゴ」
抒情歌プログラム この道 上を向いて歩こう みかんの花咲く丘  
 ソプラノソロ:さくら横ちょう ピアノソロ:愛の讃歌他
タンゴのプログラム ジェラシー 真珠採りのタンゴ ラ・クンパルシータ他
会場:戸塚女性フォーラムホール
お問合せ先:童謡を唄う会 柴田美嘉
 Tel. 090-2531-5699 utaukai19@yahoo.co.jp

詳しくは 

▲top

会員企画 童謡を唄う会 春の抒情歌を歌いましょう終了

会員・柴田美嘉さん主催
童謡を唄う会戸塚杉の子3周年記念公演
3月18日(金) 予定していた戸塚公会堂は東北関東大震災の絵右京で休館の為、隣ビル2階「ハマヤホール」にて開催します。
10時半〜 14時〜の2回公演
各回700円
*当日はエレベーターの使用はできません。
主催:童謡を唄う会 戸塚杉の子 柴田美嘉 mii525@yahoo.co.jp

▲top


3月13日開催予定の「野口雨情の故郷ツアー」中止のお詫び

3月11日に発生した東北関東大震災において被災された皆さま、最愛の方を失った皆さまに、哀悼の意を捧げるとともに、心よりお見舞い申し上げます。

この地震において、13日に予定していた「野口雨情の故郷ツアー」は中止いたしました。
参加予定されていたお客様には、ご理解とご協力いただきお礼申し上げます。

いまだ、原発事故と計画停電等の状況が続き震災は終息しておりません。
今後、落ち着きましたらツアー企画を再考しご連絡申し上げます。

▲top




とつかアートプロジェクト主催特別企画
雨情記念碑公園〜生家〜雨情記念館を巡りながら歌って聴く!楽しい日帰りバスツアー
今まだ歌い継がれている「赤い靴」「青い目の人形」「七つの子」の作詞者“雨情”の生家へ、戸塚出身の日本でも珍しいアカペラ女声デュエット・アンと一緒に道中、行き先々でも
楽しく歌って過ごすツアー! アンのデュエット演奏もあります。

旅費1名様10,000円(税込)
(バス運賃、有料道路代、昼食代、記念館入場料、夕食車中弁当代含む)
お申し込み方法(ペアでのお申し込み可)
 往復はがきに下記要項を明記の上郵送してください
 -------------------------------------------------------------------------------------------------
 参加者名・年齢・同伴者がいる場合はその名前・郵便番号・住所・電話
 E-mailのある方はそのアドレス・練習参加の有無
 --------------------------------------------------------------------------------------------------
 宛先:〒244-0002 戸塚区矢部町1952-6
           吉村英輔
 締切り:2011年1月20日(木)消印・先着37名様

当日に向けて歌の練習があります(約1時間)。
 参加は自由です。ご希望の方はお申し込みください。
 場所:とつか区民活動センター(東戸塚駅前・モレラ東戸塚3階)
 日時:1月29日(土)と2月26日(土)※両日参加も可
 時間等詳細は参加決定後にご連絡いたします。
詳細(PDF)
野口雨情記念館:http://www.ujokinenkan.jp/

▲top




平成22年12月18日(土)東戸塚駅前・モレラ東戸塚3階でとつかアートプロジェクト主催のクリスマス会が開催されました。
子供さんから大人の方までが、クリスマスに因んだモノづくりからパーフォマンスを楽しまれました。プログラムは下記のほか会員創作品のバザーも行われました。

TAPひろば・第1部・体験講座 9:30〜12:30 終了

★すてきなX'masカードや年賀状づくりにトライ!
 ちぎり絵
★クリスマス・パーティー用オリジナル・ブローチづくりを!
 中国結び
★折り紙でサンタができちゃう!
 折り紙
★福を呼ぶ、ちりめん布のふくろうを作ろう!
 つるしびな
★アイデアが抜群!
 手作りおもちゃ

TAPひろば・第2部・パーフォマンス 12:30〜15:00

★ダンスをしながらカンタンな手話がおぼえられるよ!
 手話ダンス
★南の島のクリスマスをたのしもう!
 フラダンス
★なんで?どうして?目の前で見られる!
 マジック
★クリスマスソングをはじめ、みんなで唄おう!
 歌の会

▲top

2010年8月8日・戸塚区民センター
夏休み親子体験

▲top

2010年3月28日・戸塚区民センター
第1回とつかアートフェスティバル

▲top