とつかアートプロジェクト
Totsuka Art Project
活動・イベント 規約 会員 出前アート相談 お問い合わせ リンク集
home
とつかアートプロジェクトの趣旨・概要

 目 的

趣味を含めてアートを学んだり教えたりして楽しんでいる自称アーティストと、スキルはなくともアート志向のコーヂネーターまたはサポーターが集まり、アートを核にまちの活性化やボランティア活動をを通して自己表現と社会への貢献をよろこびとすることを目的にしています。

 会 員

会員は、自らアートをテーマに“TAP広場”づくりを提案し、他の会員が企画・運営等をサポートし、個人ではできないプロジェクトを展開します。

私たちがここで言う「アート」とは「芸」の字がつく行ないととらえています。
芸術(美術・彫刻・写真・映像・デザイン・書道・華道・茶道など)、手工芸(木、紙、土、糸、布、金属、ガラスなどを用いての創作)、芸能(音楽・歌謡・舞踊など)、演芸(演劇・落語・漫才・手品など)。


 Aプロジェクト

・ネットワーク事業:戸塚中心の「まちの先生ネットワーク」の構築
・WEB支援事業:会員の個別ページ開設、WEBギャラリー開設など
・TAP広場事業:「まちカフェ in 戸塚」イベント開催、会員グループによる体験講座開催など
・支援事業:発表・展示会プロデュース・サポートなど

 Bプロジェクト

・会員有志でボランティア活動、会員単独ボランティア活動をサポートなど
・まちの美化活動に参加 【例】新庁舎工事仮囲いアートプロジェクト
・出前講座および講師派遣をプロデュース
・アートと市民をつなぐプロジェクト 【例】がんばろう日本支援カード
・チャリティーコンサート、チャリティーバザー開催など
・会員同士、他団体、学生との交流会開催など

その他当団体の目的を達成するために必要な事業

 TAPのシンボルマークに込めたねがい

みどり色の部分は植物の種をイメージしています。
種の中には、戸塚(T)でアート(A)する人が詰まっています。
そして、Pは、もちろんプロジェクトのPです。芽です。小さな花です。
私たちのプロジェクトは、
無理して大輪の花を咲かすのが目的ではありません。
花は小さくとも、街の中で確かに咲いていくことを願っています。

TAPの会員は、一人ひとりが一粒の種です。
蒔かれた種が、皆さんの中で芽を出し、花を咲かせ、実を付け
皆さんと一緒に喜びを収穫することを望んでいます。


 組 織

設 立 平成22年4月1日
役 員 代 表  亀谷  進
    副代表  矢口 美世子(文科系担当)
         大崎 まみ(パフォーマンス系担当)
    総 務  芹澤 洋子
         冨澤 裕子
    会 計  山本 久子
         坪田 麻由美
    広 報  渡邉 勉
         小林 晃子
         河内  麗
    書 記  中村 美恵子
         吉村 英輔
    顧 問  吉村 英輔
         吉田 邦彦
会 員 35名(平成27年5月現在)
連絡先 亀谷 進
         245-0062 戸塚区汲沢町1301
         携帯:090-2543-1320
         TEL.045-869-1808
         susumu@ga2.so-net.ne.jp

平成27年5月10日