とつかアートプロジェクト
Totska Art Project
活動・イベント 規約 会員 出前アート相談 お問い合わせ リンク集





160427 会員:田房・石井「油彩画三人展」
150919 みんなの手話ダンス 伝えよう心で!
150124  第2回まちカフェ in 戸塚「趣味活」
141029 会員「鈴木正子・書作展」11月27日〜
140903 会員「中村美恵子」イベント_11月8日
     みんなの手話ダンス「フラワー東戸塚」
140128 第1回まちカフェin戸塚「趣味活」
131201 TAPが第4回とつかお結び広場に参加
131103 TAPが戸塚ふれあい区民まつりに参加
131124 会員:中村美恵子戸塚公会堂で発表会
130606 TAP出前講座LCG湘南でスタート
130530 会員:前川真理のギャラリー開設
121103 戸塚ふれあい区民まつりへTAPが出店

120810 がんばろう日本支援カード
120803 夏休みおやこ体験フェスティバル

111226 とつか青空画廊OPEN
111015 戸塚新庁舎工事仮囲いプロジェクト企画
110904 「まちの先生見本市」終了
110828 戸塚新庁舎工事仮囲いプロジェクト
     「概要と企画」PPT

110812 会員柴田美嘉のブログ
110420 チャリティーコンサート報告
110402 TAP協力:チャリティーコンサート





第3回趣味活:1月23日(土)


趣味活とは? 私たちTAPの思い
「趣味活」企画のきっかけは、
中高年の男性の、「○○の趣味を学びたいけれど、妻や○○さんの紹介やすすめだと、自分に合っていないと思っても断りにくい」 「行政の情報サービスに問い合わせても先生の特徴や教室の雰囲気までは得られない。とはいえ、教室へ直接伺ってドアをノックして覗くというのも……」
など、モチベーションがあっても場探しに躊躇されているという話をよく聞くことから。ならば、
学びたい人、教えたい人、場を提供する人、がオモテに出て、顔の見えるお見合いの“場”をつくろう!と思い立ちました。それも、私たちTAPの活動の得意分野であるアート系(美術・手工芸・音楽・演芸)趣味に絞って。
 *学びたい人が、先生の生の楽奏・作品にふれ、直接話して人柄も知る。
 *仲人役のTAPスタッフがクッキーとコーヒーでおもてなしをする。
そんなカフェスタイルの場で、地元で楽しめる趣味の情報を得られたら。
また、リタイヤする団塊の世代が急増する戸塚で、地元の情報やコミュニティとの関わりに薄い彼等に、
 *“きっかけ”“とっかかり”作りのお手伝いができたら。
そんな思いで「まちカフェ in 戸塚『趣味活』」を計画し展開してきました。
出展することでまちの先生同士がつながる思わぬ効果もありました。
初回の実験的に行ったイベントを含めて年1回、バージョンアップを重ね4回目を迎えます。


TAPコーディネート・プロジェクト
横浜市水道局小雀浄水場創設50年記念事業「フォトモザイクアート」
2015年10月30日完成

TAPが原画制作のコーディネート役で2015年6月よりすすめてきました「小雀浄水場創設50年」を記念してのフォトモザイクアートが10月30日に完成しました。浄水場正門前に、約1.3×4.0mの恒久的な仕様で堂々設置されました。
当日は、水道局・浄水場関係者、地元住民、原画を担当した金井高校の先生と生徒達そして私たちTAPの立ち会いのもと、盛大な除幕式をもってお披露目となりました。




★フォトモザイクアートの拡大図と写真ソースの閲覧先(外部)

※感謝状は、道志水源林間伐材製です。

TAPのコーディネートに対して
横浜市水道局より
感謝状をいただきました。


感謝状
   とつかアートプロジェクト 様
貴団体は「横浜市水道局浄水場創設50年記念事業フォトモザイクアート」制作において多大な貢献をされました
よってその功績を讃え深く感謝の意を表します
 平成27年10月30日
     横浜市水道局管理者
     水道局長 土井 一成


完成に至るまで
「記念碑フォトモザイクアート」の原画制作を 2015年6月末、横浜市水道局より話しを聞き、水道局パートナーシップデスクを通じてTAPがコーディネート役として参加しました。
フォトモザイクの制作条件を理解し、その原画を創作するということで、区内で小雀浄水場近くの高校にプレゼンしたところ、県立金井高校美術部のご賛同を得ました。



・金井高校美術部の学生さんと小雀浄水場を見学、その後担当者と企画会議


・金井高校美術部顧問の渡邉五大先生、美術部員(10名)、TAP会員の
 デザイナー(河内)とイラストレーター(小林)、プロデューサー(亀谷)での
 アイデア会議(写真)を経て
 本番の原画を4チームに別れて合同制作しました。
・テーマは「水・未来」。条件として小雀浄水場の制定キャラクター
 「スズちゃん」と同浄水場から給水している横須賀市上下水道局の
 制定キャラクター「アクアン」を登場させる。でした。
・学生さんたちが頑張って仕上げた4点です。(9月6日)


・9月14日〜18日、戸塚総合庁舎3階区民広間にて
 小雀浄水場50年記念写真展の一角に、原画4点を展示し、市民より
 人気投票をしていただきました。
・厳正な選定で決定しました原画以下の絵になりました。

 

これより、応募された写真でフォトモザイク加工を経てのパネルになり、10月30日に完成しました。
・【フォトモザイクとは】
 http://pitcom.jp/about/
・フォトモザイクのソース(写真)は、5430枚応募されました。
 そのほぼすべてがパネルに展開されています。にて、拡大して
 ご覧下さい。ビックリする作りになっています!








とつかNavi


とつかアートプロジェクトについて

2010年春に戸塚区地域振興課登録の生涯学習ナビゲーターの有志が「とつかアートプロジェクト」と命名し立ち上げた会員制の任意団体です。
とつかアートプロジェクトのアートの意味を私どもは、生涯学習のなかでも芸の文字が付く芸術や芸能・演芸と広く解釈しています。区内には、美術・写真や書道、声楽・楽奏や舞踊、工芸・手芸やホビー、詩吟や落語、手品やパフォーマンスなどで活動しているすばらしいまちの先生方がたくさんいます。
我々に賛同して集まった先生方のネットワーク化、会員のコミュニティづくりなどのまちの先生への支援と、会員と戸塚で生活する人たちを結ぶ「まちおこし」を先生自身が企画・運営するボランティア活動の二つのプロジェクトを柱として展開をすすめています。
私たちをTotsuka Art Poroject の頭文字をとってTAP(タップ)と呼んでください。

詳しくは▼
活動報告▼
会員紹介▼

■サイトの利用について ■プライバシーポリシー ■サイトマップ
(C) Totsuka Art Project All rights reserved
お問い合せ先:TAP代表/亀谷進/susumu@ga2.so-net.ne.jp